自毛植毛でアレルギー反応無し|良い評判だから安心して任せられる

ナース

毛を増やしたい場合には

薄毛

毛を増やすための方法

毛を増やすための方法はいくつかありますが、外科的な手法で増やすものとして植毛があり、植毛といっても人工植毛と自毛植毛の2種類があります。人工の場合には人工毛を直接、頭皮に埋め込み増毛するというものです。すぐに増えるためすぐに増やしたいといった人には評判の方法ですが、拒否反応が出るリスクがありますし、人工の毛なので成長することがないといったデメリットがあります。一方で日本で主流の植毛は自毛植毛です。これは毛が豊かな場所から毛根細胞を採取して移植するというものです。技術的には成熟しており移植した毛根細胞の定着率は9割を超えるのが一般的で、また上手くいけば継続的に毛が生えてくるため評判も良くまた脱毛症治療の最終手段とも言えるものです。

今後の医療の傾向は

日本での植毛の主流は自毛植毛が中心で、評判の高いクリニックもたくさんあります。一方で技術も進んでおり、さまざまな治療法が開発されています。以前の自毛植毛では、後頭部など毛が豊かな場所から皮膚を一定の範囲切り取って、そこから毛根細胞を採取するといった方法が行われてきました。この場合には採取した場所の傷痕が大きく残るデメリットがあります。毛が豊かな場合には傷痕を毛で隠すことができますが、その部位の毛がなくなると傷痕が目立つことになります。このため、近年では直接、毛根細胞を採取する方法が取られています。この場合には皮膚を切り取る必要がないため、傷痕が目立たないといったメリットがありますし、皮膚を縫合する必要がないので、治りが早いといった評判があります。